コンタクト 付け方を知っておこう!

コンタクト 付け方を知っておこう! 視力を補正するため、メガネではなくコンタクトレンズを使われる方は少なくありません。また、今まではメガネだったがこれからコンタクトに変更するということもあるでしょう。一度もコンタクトをつけたことのない方にとって、やはり自分の目の中にレンズを入れることに戸惑いがあったり不安になったりするのも稀ではないでしょう。当サイトでは、コンタクト 付け方について紹介しています。

コンタクトの付け方にはいくつか手順がありますので、把握しておくようにしましょう。まず基本的なこととして、レンズをつけるための準備を行います。目にレンズを取り付けるという事で、目を傷つけたり雑菌が入ったりしないように注意しなければなりません。そのため、爪を短く切っておいたり、石鹸を使って手を洗っておいたりするようにします。

次に、パッケージを開けるのですが、これはコンタクトのメーカーによってやや形状は異なります。しかし、その多くは両目が別に分かれた小さなケースに入っています。表面の蓋の役割をしているアルミシートをはがすときには、中の保存液やレンズが溢れてしまわないように注意する必要があります。また、もとからケースに穴が空いている、汚れているといったトラブルがないか確認しておく必要もあります。コンタクトにおいて、なにより心配になるのがレンズをつけるときです。この付け方の手順を知らないと、しっかりと目につけることが出来なかったり、レンズを破損させてしまったりする原因になります。眼科でコンタクトを作るという相談をした際、基本的に説明されるのですが、その場でしっかり行えないという方も少なくありません。しかし、慣れれば決して難しいことではありませんので、ゆっくり練習していきましょう。

レンズをつけたら、必ず寝る前には外す必要があります。レンズの外し方を間違えると、まぶたの裏にレンズが入ってしまったり、レンズを破損させてしまったりする事もあります。また、爪が伸びていると眼球を傷つけてしまう心配があるため、外す際にも爪が伸びていないか、手が汚れていないかということは確認しておくようにしましょう。当サイトでは、これらのようなコンタクトの付け方に関する情報を紹介しています。これまで、メガネで生活していた人や、視力を補正するために初めてコンタクトをつけるという方など様々でしょうが、目は人間にとって欠かせない部分ですので、怪我したり、病気を引き起こしたりしないように、適切な付け方、外し方を学んでおくことをおすすめします。フォーチュンコンタクト

最新ニュース