パッケージの開封や取り出し

コンタクトは一般的に両目が別々に分けられたパッケージとなっています。パッケージを開ける際にはまず、蓋が破れていないかどうかを確認しましょう。もし、パッケージの蓋が破れている場合、中の保存液が蒸発してしまい、レンズも一緒に乾燥してしまいます。また、開ける前に裏側から中の保存液、レンズが入っていることが確認できます。その段階で変形がみられたり、変色していたりする際には、そのコンタクトレンズは使用せず、メーカーなどに問い合わせましょう。

次にレンズが入っているパッケージの蓋を開けるのですが、ビニールをはがす際に、傾けてしまうと保存液がこぼれたり、レンズを見失ったりする原因になります。水平にして、ゆっくりと真上に引き上げるようにして開封します。

レンズを取り出す際、人差し指を入れて、カーブに沿うようにして指の腹で取り出します。軽く水分を振り落しますが、この際に爪でレンズを傷つけてしまう事がないように注意しましょう。レンズを取り出した後は、レンズに描かれている模様や形を判別して、表裏を確認します。また同時に、レンズに傷があったり、汚れがついていたりしないか確認し、異常がなければレンズを目に取り付けましょう。フォーチュンコンタクト