コンタクトをつける準備

コンタクトをつける際には、まずいくつかしておきたい準備があります。基本的なこととして、爪の長さをチェックしましょう。爪が伸びている場合、しっかりと短く切ることに加えて、角ができないように丸く調整します。爪が伸びている状態だと、レンズを傷つけてしまう原因となりますので、綺麗に整えておく必要があるのです。次に、レンズをつける際には手や指を清潔にしておく必要があります。石鹸を使い綺麗に洗い、十分にすすいでおきましょう。洗った後、手に水道水などの水分が残ってしまわないように、綺麗に拭き取ります。

手や指が汚れていると、レンズにその汚れが付着してしまう原因となります。また、水道水が手や指に付着していると、レンズに水道水が付着してしまい、変色したり膨張したりする原因となりますので注意しなければなりません。さらに、水道水には微生物が含まれている可能性があるのですが、それが原因で感染症を起こしたり、目の疾患を引き起こす場合もあります。できる限り、水道水は手についていない状態にすることが必要です。

初心者や、慣れてきている人に限って、これらの作業をおろそかにしてしまう場合があります。手や指を清潔にするのは特に、レンズをつけるにあたって必要となりますので、十分に注意しましょう。