レンズの付け方

コンタクトレンズをつけるとき、正しい手順で行う必要があります。まず、パッケージからレンズを取り出した際に、レンズの縁を軽くつまんで、水分を切るようにしましょう。その後、人差し指の腹にレンズを優しく乗せます。この際、レンズの表裏が間違いないかしっかりと確認しましょう。商品によって異なりますが、薄く数字が書かれており、その文字が読める状態であれば問題ないという事があったり、縁が外側に沿っていないかどうかを確認できるものがあります。

次に、レンズを人差し指で持っているので、中指で下瞼を下に引っ張ります。そして反対側の手で上まぶたを上に引き上げて、目を大きく開ける状態にします。その後、人差し指に乗せているレンズを黒目の部分にゆっくりと乗せていきます。はじめは安定しませんが、何度か瞬きをすると安定していきます。手でレンズをつけていない方の目を隠し、しっかり見えるか確認しましょう。これで片目が完了しましたので、同じく反対側の目にレンズを取り付けます。

レンズを不適切な方法で装着すると、すぐに外れてしまったり、違和感を感じるようになったりするため、適切な手順で行う必要があります。いつも行う動作となりますので、慣れていくようにしましょう。